沖縄県でダイビングライセンスが取りたい、ファンダイビングしたい、体験ダイビングに参加したいならサニーデイズで決まり。PADIライセンス発行店。安全なダイビングとなにより「楽しい!」をとことん追求してフットワーク軽く沖縄本島全域のダイビングポイントに潜りに行きます。

慶良間 カミグスク

那須田 凌
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

  • レベル:★★☆
  • 流れ:沖の深場に流れあり
  • 透明度:30m~
  • 水深(最大水深):5m(25m)
  • エントリースタイル:ボート
  • ジャンル:地形・魚群
  • 見れる魚:キンギョハナダイ、ハナゴイ、ネムリブカなど
  • 開催ツアー:慶良間ボートダイビング

日本が誇る、国立公園・慶良間諸島の渡嘉敷島東側にこのポイントはあります。一番の見どころである、海中の窓は美ら海水族館に写真が使われるほど人気の場所です。窓の上にはイソバナが沢山生え、その周りには可愛いハナダイたちが群れる、とても沖縄らしい光景が広がっています。沖に向かっていけばゆっくりと深度が増していき、潮の流れも入ってくるので回遊魚は大きな生き物も狙うことができます。運が良ければ中型のサメなども泳いでいることがあります。その反対に浅場の岸側へと足を伸ばせば、ぐるっと潜り抜けられる洞窟で地形を楽しむことができます。深度も5mほどどと浅いので安全停止中まで楽しむことができます。夏の時期にはキンメモドキが群れる大迫力の光景を見ることもできますよ。ルートの取り方によってさまざまな表情を見せてくれる『カミグスク』。慶良間でのんびり潜りたいという方には非常におススメのダイビングポイントです。

この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です