沖縄県でダイビングライセンスが取りたい、ファンダイビングしたい、体験ダイビングに参加したいならサニーデイズで決まり。PADIライセンス発行店。安全なダイビングとなにより「楽しい!」をとことん追求してフットワーク軽く沖縄本島全域のダイビングポイントに潜りに行きます。

砂辺 カリフォルニアサイド(No.2)

那須田 凌
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

  • レベル:★☆☆
  • 流れ:特に大きな流れなし。
  • 透明度:10~20m
  • 水深(最大水深):10m(20m)
  • エントリースタイル:ビーチ
  • ジャンル:サンゴ
  • 見れる魚:クマノミ、ゾウゲイロウミウシ、グルクマなど
  • 開催ツアー:砂辺ビーチダイビング

沖縄本島中部・北谷町にあるビーチポイントのカリフォルニアサイド。エントリーする際に振り返ると、建物に描かれたアメリカの国旗が見えることからこのポイント名がついたとか・・・。街並みは非常にアメリカ西海岸に似ていると言われています。アメリカ軍所属の外国の方も多数住んでいることからまさしくカリフォルニアサイドという名はピッタリだと感じる方も多数いらっしゃることでしょう。

エントリーすると海中は砂辺名物大ソフトコーラルがダイバーを出迎えてくれます。沖に進んでいくと、ハマクマノミの群生地が現れ、水深5mと浅いので体験ダイビングやシュノーケラーも楽しませてくれます。最大水深20mではビーチポイントではめずらしく非常に切り立ったドロップオフが現れます。まるで城壁のような姿から砂辺遺跡と呼ばれることもあります。また砂辺の複数あるポイントの中では干潮時に非常にエントリーしやすく、時間によってポイントを変えることにより砂辺の海を快適に楽しむことができることも魅力の一つです。海中はもちろん陸上も楽しませてくれる砂辺 カリフォルニアサイド。ぜひ潜ってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

 

  周辺ポイント  

               

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です