沖縄県でダイビングライセンスが取りたい、ファンダイビングしたい、体験ダイビングに参加したいならサニーデイズで決まり。PADIライセンス発行店。安全なダイビングとなにより「楽しい!」をとことん追求してフットワーク軽く沖縄本島全域のダイビングポイントに潜りに行きます。

残波 ミシラギ

那須田 凌
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

  • レベル:★★☆
  • 流れ:沖は強く流れる時あり、地形に隠れるように進めば大丈夫。
  • 透明度:20~30m
  • 水深(最大水深):20m(40m)
  • エントリースタイル:ボート
  • ジャンル:地形
  • 見れる魚:アカヒメジ、カノコイセエビ、ウミウシ各種など
  • 開催ツアー:残波ボートダイビング

読谷村・都屋漁港から出航し20分~30分。有名な残波灯台を過ぎるとミシラギポイントが見えてきます。冬場にはポイントへ向かう途中、ザトウクジラに出会えることもしばしば。エントリーするとダイナミックな地形に圧倒されます。中でも水中斎場御嶽(せーふぁーうたき)と呼ばれる△地形の通り道は非常に壮観です。陸上と同じくまるでパワーをもらえるかのよう。ほかにも切り立ったドロップオフには大きいロウニンアジが泳いでいたり、壁際にはウミウシの種類も豊富に観察することができますよ。

浅場にはゼブラハゼの生息地やハナミノカサゴが羽ばたくように泳いでいます。透明度が良いことも多いので泳いでいるだけど非常に気持ちがいいです。一枚目と二枚目の写真も水深5mほどでの撮影なので、安全停止中も最後まで楽しいダイビングポイントです。陸上の切り立った崖には毎日、釣り人も来ているのでもしかしたら大きな生物との遭遇もありえるかも・・・!?ぜひみなさん潜ってみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
那須田 凌

SUNNY DAYSオーナー

静岡県浜松市出身。海の近くで育ち、幼い頃から海で遊ぶことの多かった幼少期。その影響からか中学時代にはダイビングインストラクターを夢見て、高校時代にダイビングライセンスを取得。

その後、宮古島にてインストラクター資格取得。他には、伊豆・福井・和歌山と国内でのダイビング経験もあり。

 

  周辺ポイント  

               

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です