沖縄県でダイビングライセンスが取りたい、ファンダイビングしたい、体験ダイビングに参加したいならサニーデイズで決まり。PADIライセンス発行店。安全なダイビングとなにより「楽しい!」をとことん追求してフットワーク軽く沖縄本島全域のダイビングポイントに潜りに行きます。

ダイビングライセンスには更新が必要?有効期限は?

山田 雄太
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山田 雄太

SUNNY DAYS WEB制作担当

元PADI OWインストラクター。東京都出身。10年以上沖縄でガイドを行ってきたが、WEB制作業に転身。現場で培ったダイビングの知識と経験を活かしたWEB制作でわかりやすくダイビングの魅力・SUNNY DAYSの魅力を発信中!

これからダイビングライセンスを取得しようと考えている人や過去にライセンスを取得したけど、全然潜りに行けていない人は、せっかく取得したダイビングライセンスが更新できずに消失してしまうんじゃないかと不安に思うかもしれません。

なので今回は、「ダイビングライセンスは更新が必要なのか?」「あなたのダイビング団体のライセンスの有効期限は大丈夫か?」というところをお話していきましょう!

そもそもダイビングライセンスに更新って必要なの?

車の免許は定期的に更新しなくてはいけないですし、もしあなたがなにか特別な資格を持っている場合、その資格も更新が必要かもしれません。

しかし、ダイビングライセンスの場合は更新する必要はありませんし、有効期限というものも存在しません。

更新手続きはありませんし、もちろん更新手数料もないです。定期的にダイビング技術の検定もありません。
つまりダイビングライセンスは一度取得してしまえば、それこそ死ぬまで所持することができるライセンスなのです。

なぜ更新が必要ないのかというと、一般的にはダイビング資格のことをダイビングライセンスと言いますが、発行されるものは認定証
よくダイビングライセンスのことを「Cカード」と言いますが、これはCertification Card(認定証)のことを略して「Cカード」と言っているわけです。なので厳密にはダイビングライセンスではなく、Cカードと呼ぶのが正しいんですね。

ちなみにダイビングにはいろいろな団体(PADI、NAUI、CMASなど)がありますが、どのCカードにも更新や有効期限はないので安心してください。

 

ただしプロライセンスは別

ダイビングライセンスに更新は必要ないですが、ダイブマスターやインストラクターなどのプロライセンスでは話が違ってきます。

それらのプロライセンスには1年ごと更新が必要になり、更新料もかかります。この更新を行わなかった場合、ライセンスを発行できなくなったり、長い期間更新しないとインストラクター資格を剥奪されることもあります。

基本的に趣味のダイビングレベルでプロ資格まで取得しようと言う人は少ないので気にする必要はそこまでないですが、将来的にダイビングの仕事をしようかなぁと思っている人は頭の片隅に置いといてくださいね。

 

ダイビングライセンスに更新は必要ないけど、これには気をつけて!

ダイビングライセンスには更新はないので永久的に所持できる反面、気をつけなくてはならないこともあります。

それは、ライセンスを持っている=上手に潜れると過信してしまうこと

これはダイビングだけではなく車の運転なんかもそうですが、免許を持っているからと言って取得から10年以上1回も運転したことない人は決して運転が上手ではないですよね。

ダイビングでも同じように講習を終了してライセンスを取得したからと言って、長い期間海に潜らないでいると技術も知識も忘れてしまいます。
ダイビングは海の中という特殊な環境で行うスポーツなので、小さなトラブルが最悪のケースになることもありえます。ライセンスを持っているからと自分のスキルを過信してしまうことで大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

 

ダイビングライセンス講習では、上手に潜るためのテクニックから危険から自分の身を守る技術を学びます。上手に潜るためのテクニックとは言い換えれば、危険が少なく安全に潜ることができる技術。

ダイビングライセンスに更新はないですが、講習でやったことを定期的に復習をして覚えておくことは安全に潜るためにとても大切なことです。

普通のファンダイビングでもインストラクターに、「安全のためにスキルの復習をしたい」と伝えれば優しく付き合ってくれるはず。インストラクターの立場からするとそういったゲスト様には、より一層しっかりと教えたくなるものです。

 

まとめ

ダイビングライセンスには更新や有効期限がないですが、だからと言って自分のスキルを過信せず定期的に復習をしましょう。

ダイビングライセンスを持っていれば基本的には世界中の海で潜ることができます。海外に潜るに行ったけどCカードを忘れてしまいダイビングすることができなかった…なんてことがないように気をつけてくださいね。

万が一Cカードを紛失してしまったときは手続きをすれば再発行することが可能です。

自分の身を守るスキルをしっかりと見に付けて楽しく安全なダイビングライフを過ごしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
山田 雄太

SUNNY DAYS WEB制作担当

元PADI OWインストラクター。東京都出身。10年以上沖縄でガイドを行ってきたが、WEB制作業に転身。現場で培ったダイビングの知識と経験を活かしたWEB制作でわかりやすくダイビングの魅力・SUNNY DAYSの魅力を発信中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です